出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索
が 教科書体

日本語[編集]

発音[編集]

」の濁音

助詞[編集]

  1. 格助詞
    1. 体言の後などに付いて文節を作り、その文節がそれを受ける文節との係わりにおいて主格であることを表す助詞。
      1. 現象を叙述した文の主語。
        うちに彼来る。
        うちには広い庭ある。
        降っている。
        活けてある。
        見える。
        夜景きれいだった。
        象は鼻長い。
      (省略的表現)
      また政治家失言だ。
      日本の選手20個目のメダルです。
      なんであいつ指定席でおれ自由席なんだ。
      「〜とは」「〜なんて」といった節が省略された表現は、意外性や驚きを表し、感嘆や、落胆、批判などのニュアンスを伴うことがある。にもかかわらず。なのに。
      えっ、あいつ。(こんなことをするとは驚いた)
      まだ小学生立派だね。(人助けをしたなんて)
      大の男恥ずかしいったらありゃしない。(酔っ払って騒ぐなんて)
      先進国聞いて呆れる。(貧困問題を解決できないとは)
      せっかくのごちそうなんてこった。(野良猫に食い散らかされるとは)
      2. 述語が主題となっている文の主語。
      社長です。(=社長は私です。)
      鼻は象長い。(=長いのは象だ。)
      こっちのほうみんなが喜ぶ。(=みんなが喜ぶのはこっちのほうだ。)
      いま手が離せないので代わりに山田対応します。
      どれ正しいですか。(=正しいのはどれですか。)
      「牛丼と天丼のお客様。こちらのかた牛丼でよろしかったでしょうか」「いえ、私牛丼で、天丼この人です」(=「牛丼は私で、この人は天丼です」)
    2. 対象を表す。
      1. 体言の後などに付き、その言葉の指し示すものが好き嫌いの思いなどを向けられたり、あるいは値踏みを受ける相手であることを表す助詞。しばしば「好悪」と呼ばれる。
        彼女はピアノうまい。
        練習きらいで上達しない。
      2. 願い・望み・求めなどが向けられた対象であることを表す。
        私はご飯食べたい。
        お茶ほしい
      3. 能力の対象を指す。
        彼は英語話せる。
        逆上がりできるようになった。
      4. 行為の難易表現における対象を指す。
        予約取りにくい。
        このペンは字書きやすい。
    3. (文語的)上の語が下の語を修飾する(助詞「」と類義。地名においてはが用いられることもある)。
      我ら英雄。
  2. 接続助詞
    1. (単純接続)話の前提を示す。
      準備はしました、次は何をすればいいですか。
    2. 逆接けれどものに
      君はそう言う、私は信じられない。
    3. 仮定の逆接的条件文を構成し、条件文が帰結文に影響を及ぼさないことを意味する。肯定の (よう)、否定のまいに接続する。。するかしないかにかかわらず。
      彼が行こう行くまい、僕は行くよ。
  3. 終助詞
    1. 前置きのみを述べ、相手の対応を促す。
      すみません、切符を無くしてしまったんです
    2. (接続助詞を使用した場合の帰結文を省略した用法)思い通りになるかはっきりしない願望。
      明日も晴れてくれればいいんだ
    3. 怒り、不満などの表明。
      何度も説明してるだろう
    4. (名詞について)罵倒のニュアンスを表す。
      この卑怯者

用法[編集]

格助詞のは、主題のが接続すると消える。
来る。

翻訳[編集]

接続詞[編集]

  1. 逆接しかしけれども

用法[編集]

鼻濁音を用いる発音においては、標準語で唯一、鼻濁音で始まる語。

文字コード[編集]