処女

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索

處女 および 处女 も参照。

日本語[編集]

名詞[編集]

 (しょじょ)

  1. (家にむすめから)未婚女性。元は理念として次義と一致していたが、現在では概ね以下の意義のみを指す。
  2. まだ性交経験のない女性。
    節婦は二夫に見えず、忠臣は二君に仕えず、と規約を制定してみても人間の転落は防ぎ得ず、よしんば処女を刺し殺してその純潔を保たしめることに成功しても、堕落の平凡な跫音、ただ打ちよせる波のようなその当然な跫音に気づくとき、人為卑小さ、人為によって保ち得た処女の純潔の卑小さなどは泡沫の如き虚しい幻像にすぎないことを見出さずにいられない。(坂口安居堕落論』)
  3. 女性でまだ性交の経験がない状態。処女性。
    処女を守る。処女を失う。処女を捨てる。処女を奪う。
  4. はじめて行うこと。
    処女航海
  5. 手がつけられていないこと。
    処女地

類義語[編集]

対義語[編集]

  • (性別の観点から)童貞

複合語[編集]

成句[編集]

翻訳[編集]

造語成分[編集]

 (しょじょ)

  1. 「人が立ち入っていない」「未踏の」を意味する語を作る造語成分。
    処女地処女峰
  2. はじめての」「最初の」を意味する語を作る造語成分。
    処女作処女航海

翻訳[編集]