愛す

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

動詞[編集]

  1. (他動詞) 愛する
    • 僕は、僕を活気づける者を愛さずにはおられない。僕らの敵手は、いつも僕らを活気づけてくれますからね。(太宰治「渡り鳥」)〔1948年〕[1]
    • 「おい小畑、女にでもふられたのか?」びっくりして、彼は笑い出した。「ばかばかしい、おれはだれも愛さないよ」(山川方夫「その一年」)〔1958年〕[2]

活用[編集]

愛-す 動詞活用表日本語の活用
サ行五段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形

各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 愛さない 未然形 + ない
意志・勧誘 愛そう 未然形音便 +
丁寧 愛します 連用形 + ます
過去・完了・状態 愛した 連用形音便 +
言い切り 愛す 終止形のみ
名詞化 愛すこと 連体形 + こと
仮定条件 愛せば 仮定形 +
命令 愛せ 命令形のみ

※「愛する」も参照。

訳語[編集]

愛する」を参照。

[編集]

  1. 青空文庫(2000年1月25日公開、2004年3月4日修正)(底本:「太宰治全集9」ちくま文庫、筑摩書房、1998年6月15日第5刷)https://www.aozora.gr.jp/cards/000035/files/2295_15090.html 2020年7月4日参照。
  2. 青空文庫(2016年1月1日作成)(底本:「愛のごとく」講談社文芸文庫、講談社、1998年5月10日第1刷)https://www.aozora.gr.jp/cards/001801/files/57062_58179.html 2020年7月4日参照。