出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

  • 」の略体で、の「」を「」に代える法則によるもの。「繪」は「」+音符「」による会意形声

意義[編集]

  1. 色模様。
  2. ものや心象を形づけて、平面上に描いたもの。絵画
    」が、ものの輪郭を描いたものであるのに対して、「絵」は、彩色して細かく表現したものを言う。
  3. 語義2のものを作ること。

日本語[編集]

発音[編集]

名詞[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。
  1. )ものや心象を形づけて、平面上に描いたもの。絵画
  2. (口語的)ものごとの計画、特に概要アウトライン立案すること。
    絵を描く:計画を立てる、立案する、画策する。
  3. みばえのするさま。
    絵になる:均整のとれた興趣などを感じさせる、さまになる。
  4. 放送映画業界で)画像映像

熟語[編集]

コード等[編集]

点字[編集]