出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

  • 象形。「ふで」を象り、「」の原字。「筆」が用いられるようになって、語調を整える助詞としての機能しかなくなった。
聿 聿 聿 聿
甲骨文字 金文 大篆 小篆

意義[編集]

  1. (助詞、文頭において語調を整える)ここに。


日本語[編集]

発音[編集]

熟語[編集]

中国語[編集]

*

熟語[編集]

朝鮮語[編集]

*

熟語[編集]

コード等[編集]