Ngai

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ngáí も参照。

キクユ語[編集]

異表記・別形[編集]

語源[編集]

マサイ語 Enkai を参照[1]

発音[編集]

  • IPA: /ᵑɡàǐ/
Benson (1964) では声調クラスの分類は「クラス2」で、他に同クラスの2音節語幹語には kĩgunyũnjagĩkiugũ などがある。
〔キアンブ方言〕
〔リムル方言〕湯川 (1981) では kĩnyathĩmũkamaingitĩmbogomũhĩagĩkwa(複数: ikwa)、mwĩrĩmũiru(複数: airu)、ndiricakĩrobotoirurumĩ(複数: marurumĩ)、mũhikionjohinyũmbagĩtandamũriyũrũbũa(複数: mbũa)、kĩongomwendwagĩcũnũnũthwariga などと同じアクセントの型に分類されている[2]
カナ表記例: ンガイ

名詞[編集]

Ngai クラス1

    • 注.: かつては乳のような赤い樹液の出る常緑樹に住む土着の神を表していた[1]キリスト教の「神」の訳語として当てられ、これが定着した[3]
類義語[編集]

派生語[編集]

名詞:

ことわざ[編集]

参照[編集]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 "ngai" in Benson, T.G. (1964). Kikuyu-English dictionary, p. 304. Oxford: Clarendon Press.
  2. 湯川恭敏 (1981).「キクユ語名詞アクセント試論――リムル方言について――」 『アジア・アフリカ言語文化研究』22, 75-123.
  3. Kinyua, Johnson Kiriaku (2017). "A Postcolonial Analysis of Bible Translation and Its Effectiveness in Shaping and Enhancing the Discourse of Colonialism and the Discourse of Resistance: The Gikuyu New Testament—A Case Study". In Musa W. Dube and R. S. Wafula (eds.), Postcoloniality, Translation, and the Bible in Africa, p. 79. Eugene, Oregon: Pickwick Publications. doi:10.1179/17431670X13A.0000000004