biti

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

クロアチア語[編集]

語源1[編集]

スラヴ祖語 *bytiインド・ヨーロッパ祖語 *bʰuh₂- に由来

動詞[編集]

bȉti 自動詞 (完了相) (未完了相)

  1. 、~である
  2. ある存在する
活用[編集]
関連語[編集]

語源2[編集]

スラヴ祖語 *bitiインド・ヨーロッパ祖語 bʰeyH- に由来

動詞[編集]

bȉti 他動詞 (未完了相)

  1. 打つ叩く
活用[編集]
関連語[編集]

スロヴェニア語[編集]

語源[編集]

古代教会スラヴ語 бъіти (byti)、インド・ヨーロッパ祖語 bʰeu(H)- に由来

動詞[編集]

biti

  1. 、~である; ある存在する

セルビア語[編集]

語源1[編集]

古代教会スラヴ語 бъіти (byti)、インド・ヨーロッパ祖語 bʰeu(H)- に由来

動詞[編集]

biti

  1. 、~である
  2. ある存在する

キリル文字表記[編集]

語源2[編集]

古代教会スラヴ語 бити (biti)、インド・ヨーロッパ祖語 bʰiH- に由来

動詞[編集]

biti

  1. 打つ叩く

キリル文字表記[編集]

ボスニア語[編集]

語源1[編集]

古代教会スラヴ語 бъіти (byti)、インド・ヨーロッパ祖語 bʰeu(H)- に由来

動詞[編集]

biti

  1. 、~である
  2. ある存在する

語源2[編集]

古代教会スラヴ語 бити (biti)、インド・ヨーロッパ祖語 bʰiH- に由来

動詞[編集]

biti

  1. 打つ叩く

ラトヴィア語[編集]

名詞[編集]

biti

  1. bite単数対格
  2. bits複数主格