vi

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディアvi の記事があります。

VI および Vi も参照。

記号[編集]

略語[編集]

vi

  1. ベトナム語ISO 639-1言語コード

ローマ数字[編集]

  1. ローマ数字6VIとも書く。

イタリア語[編集]

語源[編集]

ラテン語 ibi

代名詞[編集]

  1. (第二人称複数 voi の補語)君たちを

英語[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディアVi の記事があります。

固有名詞[編集]

  1. (情報技術)UNIX系プラットフォームで使われるテキストエディタ
    • 語源: VIsual editor の略。
    • 関連語: ex, vim

エスペラント[編集]

格変化 主格 所有格 対格
単数、複数 vi via vin

代名詞[編集]

vi
  1. あなた。あなた達。
  2. 二人称単数複数主格。あなた(達)は。あなた(達)が。
 親しい友人や家族でのみ使用される二人称単数形として ci があるが、エスペラントの性格上需要度が低いので、英語の you と同様に親疎や単複の区別なく vi を使うと説明されている教科書が多い。

関連語[編集]


スウェーデン語[編集]

語源1[編集]

古スウェーデン語:vīr < 古ノルド語:vér < ゲルマン祖語 *wīz < 印欧祖語 *wéy, 印欧祖語 *éǵh₂ の複数形

発音[編集]

代名詞[編集]

vi

  1. 一人称複数主格代名詞わたしたちは。わたしたちが。

語源2[編集]

古スウェーデン語 hvi < 古ノルド語 < ゲルマン祖語 *hwī < 印欧祖語 *kʷey, 印欧祖語 *kʷis の処格。

副詞[編集]

vi

  1. 廃語 なぜいかに
類義語[編集]
  1. varför

語源3[編集]

印欧祖語 *weyk-

名詞[編集]

vi 中性

  1. 教会聖域。しばしばキリスト教以外のものに対していう。

ポルトガル語[編集]

発音[編集]

IPA: /ˈvi/

動詞[編集]

  1. ver の直説法完全過去第一人称単数形