ある

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

語源[編集]

古典日本語「あり」 < 日本祖語 *ari

発音(?)[編集]

東京式アクセント[編集]

あ↘る

京阪式アクセント[編集]

あ↗る

動詞[編集]

あるる、る】

  1. (事物が)存在する。人や動物については いるおる を用いる。
    • 昨日までここにあったのに。
  2. すべきことを抱えている。守るべきルールや慣習が存在する。
    • 仕事があるから行けない。
    • 奨学金の返済があるため生活に余裕がない。
    • 仕事にはやりかたがある
    • 順番があるから待ちましょう。
  3. 催事や放送などが実施される。実施予定である。
    • 4月は統一地方選挙がある
    • 好きなドラマがあるから見たいの。
  4. 用意されている。利用可能である。
    • 車があるから乗って行きませんか。
    • 手づかみで食べなくてもお箸があるでしょ。
    • 冷やし中華 あります
  5. 可能性が残る。ありうる。
    • 誰かが勝手に捨てたのか、それはあるな。
  6. 理由となる。
    • 紅葉が美しいこともあって人気の観光地となっている。
    • 「どうして来ないの? まだ怒ってるの?」「それもある
  7. 意見感触思いなどを持っている。
    • これをきっかけに国民の理解が進んでほしいというのはあります。
  8. そのような状況が見られる。
    • 観光客激減で経営が悪化したというのは間違いなくある
  9. 長さや重さなどがそのようである。
    • 目方が30キロほどある
  10. 程度が高い。量などが多い。
    • 才能がある。人望がある。熱がある
    • かなりの距離がある
  11. そのように記されている。書いてある。読める。
    • 明治初年建立とある
  12. (「ことがある」「経験がある」などの形で)過去の経験を表す。
    • この人、見たことある
  13. (「とあって」の形で)なので。
    • 久しぶりの再会とあって心が弾んだ。
  14. (「とあっては」の形で)ということであれば。なら。
    • 社長直々の依頼とあっては無下にできない。

活用[編集]

関連語[編集]

翻訳[編集]

補助動詞[編集]

(V シテある)行為 (V) が行われ、行為前と行為後で何らかの変化が生じ、結果として何らかのもの、または何らかの状態が存在する。

(ここで「変化」とは、移動生起消滅その他の状態の変化、処置完了効果の獲得、目標の達成などを含む。)

  1. (N ガ V シテある:N は通常動詞 V のヲ格語となる名詞)行為 (V) の結果として、もの (N) が何らかの状態で存在する。
    1. (N1 ニ N2 ガ V シテある)具体物 (N2) が場所 (N1) に設置作成 (V) の結果として存在する。
      • 机の上にかばんが置いてある
      • 黒板に座席表が書いてある
    2. (N ガ V シテある)ものの状態を変化させる行為 (V) を受けたもの (N) が、その結果の状態で存在する。
      • 前庭の雑草がすっかり抜いてあった
      • 机の落書きが綺麗に消してある
  2. (N ハ V シテある)
    1. (N ハ V シテある:N は通常動詞 V のヲ格語となる名詞)処置の対象 (N) について、処置 (V) が完了した状態である。
      • 買って来たビールは冷蔵庫に冷やしてあります
      • 配布しておいた資料は読んでありますか?
    2. (N ハ… V シテある:N は通常動詞 V の主語となる名詞)行為者 (N) は、処置 (V) を完了して目的を達成し、何らかの効果を得た状態である。
      • 君は配布資料をきちんと読んであるかい?。
      • 僕は今日の夜に備えてしっかり寝てあります
  3. (N1 ガ N2 ヲ V シテアル)行為者 (N1) が対象 (N2) に行為 (V) を行った結果の状態が存在する。
    • 庭の草にカマキリが卵を産んであるのを発見した。
    • 奈緒美が研究室に傘を置いてある。あれを拝借しよう。

関連語[編集]

連体詞[編集]

ある(る)】

  1. 何でもいいからひとつの
    • ある人にゴミ捨て場に捨ててあったと聞いてきた。

古典日本語[編集]

動詞:生る[編集]

あるる】

  1. 生まれる。

活用[編集]

あ-る 動詞活用表日本語の活用
ラ行下二段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
るる るれ れよ

動詞:荒る[編集]

あるる】

  1. 荒れる。

活用[編集]

あ-る 動詞活用表日本語の活用
ラ行下二段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
るる るれ れよ

発音(連体形)[編集]

三拍動詞一類

↗あるる

動詞:離る[編集]

あるる、る】

  1. 離ればなれになる。

活用[編集]

あ-る 動詞活用表日本語の活用
ラ行下二段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
るる るれ れよ

動詞:古語・有る[編集]

あるる】

  1. 「あり」の連体形。