dowcip

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ポーランド語[編集]

語源[編集]

古語では dochcip という形が、16世紀には dowcipliwydowcipnik という派生語も見られた。チェコ語にも同義の duovtip などが見られる[1]

発音[編集]

  • IPA: /ˈdɔft͡ɕip/(「フチプ」)

名詞[編集]

dowcip 男性 無生(単数・生格: dowcipu[2]

  1. 主に会食パーティーの場で披露される、政治などを主題とした小咄[3]
  2. 〔複数形なし〕ユーモア精神[2]

格変化[編集]

類義語[編集]

語義1: 〈小咄〉

派生語[編集]

動詞:

名詞:

形容詞:

脚注[編集]

  1. Brückner, Aleksander (1927). Słownik etymologiczny języka polskiego, s. 94. Kraków: Krakowska Spółka Wydawnicza.
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 Elżbieta Sobol (red.), Mały słownik języka polskiego, Wydawnictwo Naukowe PWN, Warszawa 1994. ISBN 83-01-11052-X
  3. 八木めぐみ「習慣・エチケット――歴史と文化の融合」 渡辺克義 編『エリア・スタディーズ ポーランドを知るための60章』明石書店、2001年、166-169頁。ISBN 4-7503-1463-3