matter

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

英語[編集]

語源[編集]

ラテン語 mater(母親)の派生語である、materiaより。

発音[編集]

  • IPA(?): /ˈmætə/, SAMPA: /"m{t@/
  • IPA: /ˈmætɚ/, SAMPA: /"m{t@`/
  • 音声 (米):
  • 分綴: mat·ter

名詞[編集]

matter (可算 及び 不可算; 複数 matters)

  1. 物質大きさ質量を持つ実体
    1. (哲学, 特にギリシア哲学) 世界を形作っているもの、「精神」の対立概念。
    2. (物理学) 反物質を除く構成物。
  2. 変調変事原因
  3. ことがら問題
    • a trivial matter
      とるにたりないことがら
    • a matter for concern
      気がかりなこと
  4. 状況
  5. (脳神経学)白質及び灰白質

類義語[編集]

成句[編集]

動詞[編集]

matter (三単現: matters, 現在分詞: mattering, 過去形: mattered, 過去分詞: mattered )

  1. (自動詞) 重要となる、重要である、重きをなす
    • The only thing that matters to Jim is being rich.
      ジムにとって重要なことは金持ちになることだけだ。
    • Sorry for pouring ketchup on your clean white shirt! - Oh, don't worry, it does not matter.
      ワイシャツにケチャップをかけてしまって、すみません。-気にしないで、大したことじゃないから。
  2. (他動詞) ~を重視する、~を気にかける。
    • Besides, if it had been out of doors I had not mattered it so much; but with my own servant, in my own house, under my own roof [...](ヘンリー・フィールディングトム・ジョーンズ』1749)
      さらに、それが戸外にある限りは、それほど気にもかけ無いだろうが、召使いと一緒で、我が家にあって、我が家の屋根の下にいるのであれば......。