なす

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

日本語[編集]

名詞[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディアなす の記事があります。

なす

  1. ナス科の野菜インド原産食用とする。栽培品種が極めて多い
  2. 濃茶入れるのに使う

発音[編集]

ナ↘ス

関連語[編集]

成句[編集]

翻訳[編集]

動詞[編集]

なすす・す・す】

  1. 作り上げる。
  2. 産む
  3. 行う
  4. 仕上げる
  5. 状態にする。
  6. …となる。
  7. そのように思う。

活用

サ行五段活用
な-す

古典日本語[編集]

動詞:済[編集]

なすす】

  1. 義務を果たす。
  2. 返済する。

活用

サ行四段活用
な-す

動詞:鳴[編集]

なすす】

  1. 鳴らす。

活用

サ行四段活用
な-す

動詞:生[編集]

なすす】

  1. 産む

活用

サ行四段活用
な-す

動詞:寝[編集]

なすす】

  1. (自動詞)お休みになる。
  2. (「(寝る)」の他動詞形)眠らせる。
    めば子ども思ほゆ食めばましてしのいづくより来りしものまなかひもとなかかりてやすいなさぬ(山上憶良『子等を思ふ歌一首、また序』 万葉集
    瓜を食べれば、(食べさせてやりたいと)子供たちのことがおもわれる、栗を食べればなおさら偲ばれる。(子供は)どこからの賜りものなんだろう、(離れていると)目の前にむやみに出てきて、ゆっくり寝ることもできない。

    活用

サ行四段活用
な-す