出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

  • 象形で何かを掴もうとする様を象る。十二支の2番目に当てられ、それに「」を当てたもの。十二支以外の用法はほとんど失われているが、「(「」の古体)」「」などにその意味が残る。
丑 丑 丑 丑
甲骨文字 金文 大篆 小篆

意義[編集]

  1. うし。十二支の2番目。
  2. 現代中国)「」の簡体字

日本語[編集]

発音[編集]

名詞[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。
  1. うし。十二支の2番目。

熟語[編集]

関連語[編集]

十二支

文字 動物 方位
八卦
:カン)
チュウ うし 北東(:ゴン うしとら
イン とら
ボウ :シン)
シン たつ 東南(:ソン たつみ
うま :リ)
ひつじ 南西(:コン ひつじさる
シン さる
ユウ とり 西:ダ)
ジュツ いぬ 北西(:ケン・カン いぬい
ガイ

中国語[編集]

*

  • 」の代替字(簡体字)としても用いられる。

名詞[編集]

  1. うし。十二支の2番目。
  2. 道化

形容詞[編集]

  1. みにく

熟語[編集]


朝鮮語[編集]

*

熟語[編集]


ベトナム語[編集]

*

コード等[編集]