いたぶる

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

動詞[編集]

いたぶるる】

  1. 〔雅語・詩歌〕 〔自動詞激しくゆれる
    • こなた向き木々のかなしくいたぶるは金色の風の吹けばなりけり(北原白秋 『雲母集』)
  2. 俗語〕 〔他動詞強引な手段を用いて他人から金品入手する
    1. 金沢方言でも[1]頼み込んで金品を獲得する
    2. 脅して金品を奪う
      • その種を割って世間へ吹聴すれば、折角代物しろものに疵が付く、人気も落ちる。由兵衛はそれを匂わせて、幾らかいたぶるつもりで来たのだ。(岡本綺堂 『虎』)
  3. いじめる弄ぶ

活用[編集]

いたぶ-る 動詞活用表日本語の活用
ラ行五段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
いたぶ

各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 いたぶらない 未然形 + ない
意志・勧誘 いたぶろう 未然形音便 +
丁寧 いたぶります 連用形 + ます
過去・完了・状態 いたぶった 連用形音便 +
言い切り いたぶる 終止形のみ
名詞化 いたぶること 連体形 + こと
仮定条件 いたぶれば 仮定形 +
命令 いたぶれ 命令形のみ

発音[編集]

い↗たぶ↘る

関連語[編集]

類義語:

参考文献[編集]

  1. 東條操・編『全国方言辞典』東京堂出版、2010年、三八頁。ISBN 978-4-490-10002-0

古典日本語[編集]

動詞[編集]

いたぶる

  1. 自動詞激しくゆれる
  2. 他動詞〕 金品をゆする。

活用[編集]

いたぶ-る 動詞活用表日本語の活用
ラ行四段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
いたぶ

参考文献[編集]

  • 『明解古語辞典 (新版)』三省堂、1966年、74頁。