些細

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

日本語[編集]

名詞[編集]

ささい

  1. 無視されても問題にならないないさま。取るに足らないさま。ちっぽけなさま。
    こう決心するや否や彼女は嘘(うそ)を吐(つ)いた。それは些細(ささい)の嘘であった。けれども今の場合に、夫を物質的と精神的の両面に亘(わた)って、窮地から救い出したものは、自分が持って来た小切手だという事を、深く信じて疑わなかった彼女には、むしろ重大な意味をもっていた。(夏目漱石『明暗』、1916年、朝日新聞)

関連語[編集]

類義語[編集]

対義語[編集]

形容動詞[編集]

活用[編集]

ダ型活用
些細-だ

翻訳[編集]