出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
Jump to navigation Jump to search

漢字[編集]

字源[編集]

  • 」の略体。「舊」は「臼」を音とする形声文字で、「」等の言葉の音に仮借したもの。

意義[編集]

  1. ふるいむかしの。

日本語[編集]

発音[編集]

名詞[編集]

  1. (きゅう)古いものごと
    • 因循してを守っていて好いものか、それとも破壊してまでも急進すべきものであろうか。(蒲原有明『夢は呼び交す』)〔1946年〕[1]
  2. (きゅう)のこと。
    • 親戚の営むべき一周忌にわざと一月遅れて、昔香以の恩蔭を被った人々が、団子坂の小倉是阿弥の家に集まってを話し、打連れて墓に詣でた。(森鴎外『細木香以』)〔1917年〕[2]

接頭辞[編集]

  1. (きゅう)新しいものと古いものがあるときに、古い方を指す。
    • 人類の半数以上は婦人であるのに、男子だけが思想や制度から解放されて自由な真人間の生活を営み、(...)(与謝野晶子『婦人改造と高等教育』)〔1916年〕[3]

熟語[編集]

中国語[編集]

*

形容詞[編集]

  1. 古い

熟語[編集]

朝鮮語[編集]

*

熟語[編集]

コード等[編集]

点字[編集]

出典[編集]

  1. 青空文庫(2007年11月27日作成、2016年1月30日修正)(底本:「夢は呼び交す」岩波文庫、岩波書店、2000年11月8日第2刷)http://www.aozora.gr.jp/cards/001055/files/43739_28818.html 2018年2月25日参照。
  2. 青空文庫(2005年3月17日作成)(底本:「森鴎外全集6」ちくま文庫、筑摩書房、1996年1月24日第1刷)http://www.aozora.gr.jp/cards/000129/files/4459_18093.html 2018年2月25日参照。
  3. 青空文庫(2002年1月10日公開、2012年9月14日修正)(底本:「与謝野晶子評論集」岩波文庫、岩波書店、1994年6月6日10刷)http://www.aozora.gr.jp/cards/000885/files/3633_48827.html 2018年2月25日参照。