ふるい

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索

日本語[編集]

語源1[編集]

古典日本語「ふるし」 < 動詞「ふる」(古る) < 動詞「」(経)

形容詞[編集]

ふるいい】

  1. 存在している時間が長い、または存在するようになってから時間がたった。
活用[編集]
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形 活用型
かろ かっ
けれ 口語活用
発音[編集]
東京アクセント[編集]
ふ↗る↘い
京阪アクセント[編集]
ふ↘るい
関連語[編集]
翻訳[編集]

語源2[編集]

ふるう」(篩う)の連用形

名詞[編集]

ふるい

  1. 大小の粒子の入り混じったものを、あみなどを用いて、網目より細かい粒子を下に落とすことにより、粒子をより分ける道具。
成句[編集]
翻訳[編集]