極北

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞[編集]

(きょくほく)

  1. 北の果て。北極付近。
    • 北米の盡所、露領極北より來る冽々たる寒流は、雪を作り霜を作りて、寒帶生物を養ふ。 (竹越三叉『世界の日本乎、亞細亞の日本乎』)〔1895年〕
  2. 極限。(物事の)限界点。
    • 私の全身は緊張極北で、震えた。私はつなぎ竿をのばして捕虫綱を宙高く構えながら 、まるで私を嘲嗤あざわらふかのやうに櫟の稍を高く低く縫ふてゆく一羽のを追ひはじめた。 (牧野信一『その村を憶ひて』)〔1933年〕
    • 知性の極北まで追ひつめられたものではない自殺、つまり漠然とした敗北感や失意、また失恋や貧乏も同断ですが、それらのものは単に偶然仕業によつて死ぬものであります。 (坂口安吾『女占師の前にて』)〔1938年〕
  3. 目標とする所。[要出典]
  4. ある分野の中で、通常は到達できない特殊な領域。そこに属する物、作品人物など。

語源[編集]

ラテン語 ultima Thūlē の翻訳借用

発音[編集]

きょ↗くほく

類義語[編集]

関連語[編集]

翻訳[編集]