出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

漢字[編集]

字源[編集]

  • 象形。盛り上がった地形を描いたもの(「𠂤」(= )も同様)で、「」を縦向きに書いた字。{阜 /*b(r)uʔ/}を表す字。
  • 指事土盛りの形で、「土盛り」や「おか」を表す。『𠂤』(= )も同様で土盛りの象形。この記述は甲骨文字金文などの資料と一致していない記述が含まれていたり根拠のない憶測に基づいていたりするためコンセンサスを得られていない。
阜-oracle.svg

阜-seal.svg

阜-bigseal.svg
甲骨文字

小篆

流伝の古文字

説文
(漢)
《六書通》
(明)

意義[編集]

  1. おかつちもり
  2. ゆたかみちる

※「岐阜」の用字で日本においては一般的であるが、その他の用例は少ない(cf.曲阜)。

備考[編集]

阜はこざとへん(⻖)の原型である。同じ形で書かれるおおざと)はの省略形であり、原形が異なる。

日本語[編集]

発音(?)[編集]

運用[編集]

1942年12月
  • 標準漢字表内字(準常用漢字)
1946年11月
  • 表外字となる
2010年11月
  • 常用漢字として復活
2020年 4月

中国語[編集]

*

熟語[編集]


朝鮮語[編集]

*

熟語[編集]


コード等[編集]