出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

も参照。

漢字[編集]

字源[編集]

  • 会意。「(くにがまえ、領域)」+「(屈服した人)」、人を服従させ、その地に止めるの意。
邑-oracle.svg 邑-bronze.svg

邑-seal.svg

邑-bigseal.svg
甲骨文字 金文

小篆

流伝の古文字
西周

説文
(漢)
《六書通》
(明)

意義[編集]

  1. 殷代
    1. くに
    2. 古い旧都
    3. 宗廟無い都。
  2. 周代以降
    1. (「」に対する)さとむら
    2. 知行所
    3. 行政区域の名。
    4. うれえるに通じる。
    5. さま、邑邑[要出典]
  3. しゃくりなくむせぶ
  4. おもねる
  5. こころに通じる。

日本語[編集]

発音[編集]

熟語[編集]

中国語[編集]

*

熟語[編集]

朝鮮語[編集]

*

熟語[編集]

ベトナム語[編集]

*

コード等[編集]