出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索

漢字[編集]

字源[編集]

  • 会意。元字は「𩕘?)」で、「:浅瀬を歩く)」+「(頭を強調した人、儀礼に関係)」。「頁」が不分明であるが(「説文解字」は「(眉を寄せる)」に関連付け、白川静は水辺の儀礼と解く)、音は「」「」に通じ、ぴったりと迫るの意。水辺・水際を表し「」「)」と同義。ぎりぎりまで近づく(「瀕」)の意を生じ、相接することから、「しきりの」意を生じた。

意義[編集]

  1. (古用)みずべみずぎわ
  2. ぎりぎりまで迫る急迫する(=)。
  3. ならべる。
  4. 眉を寄せる、しかめる(=)。
  5. しきりに繰り返し起こる回数多い

日本語[編集]

発音[編集]

熟語[編集]


中国語[編集]

*

熟語[編集]


朝鮮語[編集]

*

熟語: 朝鮮語[編集]


コード等[編集]