出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
Jump to navigation Jump to search

漢字[編集]

字源[編集]

  • 象形。鳥のとぶ様を象る。音声的には、左右に分かれるを意味する「」「」「」と同系、「」は同音同義。篆書以前の字体は確たる採取例がない。
飛-oracle.svg

飛-silk.svg

飛-seal.svg

飛-bigseal.svg
甲骨文字

簡帛文字

小篆

流伝の古文字

戦国時代 説文
(漢)
《六書通》
(明)

意義[編集]

  1. とぶ

日本語[編集]

発音[編集]

熟語[編集]


中国語[編集]

*(簡体字:

動詞[編集]

  1. (空中に)ただよ
  2. 揮発する

手書きの字形について[編集]

  • 第2画及び第8画を、それぞれ第3画、第9画と同じ方向に打ってもよい[1]

熟語[編集]


朝鮮語[編集]

*

熟語: 朝鮮語[編集]

ベトナム語[編集]

*


コード等[編集]

脚注[編集]