сто

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

СТО および CTO も参照。

ウクライナ語[編集]

語源[編集]

スラヴ祖語 *sъto < 印欧祖語 *ḱm̥tóm

発音[編集]

数詞[編集]

сто

  1. (基数)

参照[編集]


セルビア・クロアチア語[編集]

語源1[編集]

発音[編集]

数詞[編集]

сто̑ (ラテン文字 stȏ)

  1. (基数)

語源2[編集]

同系語一覧はsto#セルビア・クロアチア語を参照。

別形[編集]

発音[編集]

名詞[編集]

сто̑ 男性 (ラテン文字 stȏ)

  1. (セルビア) テーブル
格変化[編集]
類義語[編集]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 Derksen, Rick (2008). Etymological dictionary of the Slavic inherited lexicon. Leiden Indo-European etymological dictionary series, v. 4. Leiden: Brill, p. 468. ISBN 978 90 04 15504 6

ブルガリア語[編集]

語源[編集]

数詞[編集]

сто

  1. (基数)

ベラルーシ語[編集]

語源[編集]

スラヴ祖語 *sъto < 印欧祖語 *ḱm̥tóm

数詞[編集]

сто

  1. (基数)

用法[編集]

Сто主格では名詞の複数属格を支配する。

参照[編集]

(百から千までの序数) сто, дзвесце, трыста, чатырыста, пяцьсот, шэсцьсот, семсот, восемсот, дзевяцьсот, тысяча


マケドニア語[編集]

語源[編集]

スラヴ祖語 *sъto < 印欧祖語 *ḱm̥tóm

数詞[編集]

сто

テンプレート:mk-decl-num-три


ロシア語[編集]

語源[編集]

発音[編集]

数詞[編集]

сто

用法: сто主格では名詞の複数属格を支配する。

格変化[編集]

類義語[編集]

派生語[編集]

参照[編集]