しかり

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

語源1[編集]

しかる」(叱る)

名詞[編集]

しかりり、り】

  1. 叱ること。
発音[編集]
し↗かり

動詞[編集]

しかり

  1. しかる」の連用形。

語源2[編集]

古典日本語しかり」 < 「しか」(然) + 「あり」(有り)

名詞・感動詞[編集]

しかりり】

  1. そうである(こと)。その通りである(こと)。
    • 犯罪という「裏の経済」のシステムを通じた富の再分配が、人々に魅力的に映っても不思議ではない。現金の強奪然り、盗品の売買然り、売春も然りだ。(白戸圭一「ルポ資源大陸アフリカ: 暴力が結ぶ貧困と繁栄」)
発音[編集]
し↗か↘り

古典日本語[編集]

語源[編集]

しか」(然) + 「あり」(有り)

動詞[編集]

しかりり】

  1. そうである。そのとおりである。
しか-り 動詞活用表日本語の活用
ラ行変格活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
しか

派生語[編集]

諸言語への影響[編集]

名詞[編集]

しかりり、叱

  1. 江戸時代の刑罰の一つ。叱責刑。