出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

漢字[編集]

字源[編集]

  • 𠮟」の異体字。「𠮟」は「」+音符「」(ではないことに注意)。「七」は「」の原字でものを断ち切ること(「七」の字源参照)。鋭い声で怒鳴るの意。
叱-seal.svg

小篆

説文
(漢)

意義[編集]

  1. (「𠮟」の異体字)しかる

日本語[編集]

常用漢字(「𠮟」も通用字体[1]

発音(?)[編集]

動詞[編集]

する (しっする)

  1. しかる
  2. 舌打ちをする。

活用[編集]

熟語[編集]

用法[編集]

  • 辞書では「𠮟」が「シツ、しかる」で本来「叱」は別字(「カ」、口を開くさま)とされるが、その使用実態から見て、「叱」は「𠮟」と異体の関係にある同字と認めることができる[1]
  • 実態としては、「シツ、しかる」として「叱」の方が「𠮟」よりも高い頻度で用いられている[3]
  • JIS X 0208 (wp)では、「叱」と「𠮟」は28-24に包摂 (wp)されている。両者はJIS X 0213 (wp)でも1-28-24に包摂されていたが、JIS X 0213:2004で分離され、1-47-52に「𠮟」が追加された。

手書きの字形について[編集]

  • つくり(右側の部分)は「七」「𠤎」「匕」などの書き方があり、いずれのように書いてもよい[4]

中国語[編集]

*

熟語[編集]

朝鮮語[編集]

*

熟語[編集]

ベトナム語[編集]

*

コード等[編集]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 常用漢字表(平成22年内閣告示第2号)「(付)字体についての解説
  2. 辞書では本来「しかる」(シツ)と「口を開くさま」(カ)は別字とされ、後者はUnicode 14.0でU+53F1(叱)からU+2B738𫜸CJK統合漢字拡張C)に分離された。UTC #167 Minutes (L2/21-066) (Unicode Consortium) 参照。
  3. 表外漢字字体表(平成12年国語審議会答申)「III 参考」「1 表外漢字における字体の違いとデザインの違い
  4. 『常用漢字表の字体・字形に関する指針(報告)』p.58 2016年2月29日 文化庁