しれる

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

動詞[編集]

しれるれる】

  1. 分かる。自然と分かる。知ることができる。
    • 彼の人間性が窺い知れる貴重な逸話である。
    • 内田氏の作品は……戞々かつかつたる独創造の作品なり。然れどもこの数篇を読めるものは(僕の知れる限りにては)室生犀星、萩原朔太郎、佐佐木茂索、岸田国士等の四氏あるのみ。(芥川龍之介内田百間氏』)
  2. 人に知られる。周知される。
    • 集団見合出場の企劃が知れると、志願のあげく、亢奮、風雲をまき起すうれいがあって、企劃をヒミツにしてあるそうだ。(坂口安吾集団見合』)

活用[編集]

し-れる 動詞活用表日本語の活用
ラ行下一段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
れる れる れれ れよ
れろ
各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 しれない 未然形 + ない
意志・勧誘 しれよう 未然形 + よう
丁寧 しれます 連用形 + ます
過去・完了・状態 しれた 連用形 +
言い切り しれる 終止形のみ
名詞化 しれること 連体形 + こと
仮定条件 しれれば 仮定形 +
命令 しれよ
しれろ
命令形のみ

関連語[編集]