よう

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
[半保護]  このページは半保護の方針に基づき、非ログインユーザー・新規利用者の編集が制限されています。(解除依頼:ノートで合意形成後、保護解除依頼へ)

日本語

動詞

よう酔う

  1. アルコールなどの摂取によって精神身体通常とは異なる状態になる。程度が進むと「酩酊」と言う。
  2. 乗り物乗っ気分悪くなる。
  3. 特殊効果を狙った画像焦点一定しない動画などを見て気分が悪くなる。
  4. すばらしいことなどに)うっとりとした状態になる。語義1から派生。

活用

発音

関連語

第1義
第2義
第3義

翻訳: 動詞

形容詞

よう良う善う佳う好う】 (形容詞「よい」の連用形「よく」のウ音便

  1. よく」に同じ。

発音

翻訳

副詞

よう

  1. (方言。打ち消しの語を後ろに伴って)どうにも…できない。
  2. (方言)…できる。
  3. (方言)「よく」に同じ。

用法

(語義1、2)
個人の能力の上で可能/不可能なことがらについて用いる。個人の能力を超えた外部的事情によって可能/不可能なことがらには用いない。
こんな上手な字は自分にはよう書かん。(「自分には書けん」も可)
このボールペンはインクが切れて書けん。(「よう書かん」とは言わない)

感動詞

よう

  1. 呼び掛けや、それに応える言葉。「おう」に同じ。
  2. 賞賛を表す。

発音

翻訳

助動詞1

よう

  1. 主体意志を表す。
  2. 推測を表す。「するだろう」に比べ硬い表現。
  3. (「どうして」「が」「(終助詞)」など、疑問を表す語を伴って)疑問や反語の語気をやわらげる。「するだろう」に比べ硬い表現。
  4. 勧誘催促を表す。
  5. 仮定、仮想を表す
    • どこで何を食べようがかまわない
  6. (「ようとする」の形で)ある動作がもうすぐ起こることを表す。

用法

下記の未然形に付く。

これら以外の未然形には「」が付く。

活用

未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形 活用型
よう (よう) 無変化型

発音

類義語

翻訳

助動詞2

よう 推量の助動詞ようだの語幹。

  1. 目的や目標、依頼内容などを表すのに用いられることがある。ように。
    • 優勝できるよう頑張りたい。
    • ご参加下さいますようお願いします。
  2. 終助詞などがつくことがある(助動詞「」と同様に「だ」が脱落する)。
    • まるで夢を見ているようね。(女性的。「ようだね」は男性的または通性的)
    • ほんとに夢のようさ。(男性的。「*ようださ」とは言わない)
  3. (古用法) 〜することには。
    • 孔子様がおっしゃるよう、「だめじゃのう。わしはまだ、自分で自分の過ちを発見して自分で自分を責める者を見たことがない。」(穂積重遠『新訳論語』)

終助詞

よう

  1. 終助詞「」の長音形。

発音

接尾辞

よう

  1. (動詞連用形に続けて)方法手段可能性を参照。

漢字

Wiktionary:漢字索引 音訓 よ参照