やどる

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

動詞[編集]

やどる宿る】

  1. 宿借りる逗留する。
  2. 寄り付く、とどまる
  3. 姿や思いなどが心に止まる。
    • この日頃ひそかに胸にやどりたる悔ありわれを笑はしめざり(w:石川啄木
  4. 寄生する。
  5. 子が母胎はらまれる
    • 盗人たちは、それを見ると、ますます何かとはやし立てて、腹の子の親さえ知らない、阿呆な彼女をあざわらった。が、阿濃は胎児が次郎の子だという事を、かたく心の中で信じている。そうして、自分の恋している次郎の子が、自分の腹にやどるのは、当然な事だと信じている。(芥川龍之介『偸盗』)

活用

ラ行五段活用
やど-る

関連語[編集]