出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索
Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。
や 教科書体
書き順

日本語[編集]

発音[編集]

  • /ya/

名詞:矢[編集]

  1. 古代から近世以前に用いられた武器で、直線の棒のに重りをつけ、その反対側に等をつけたもの。重りとして鋭く重い金属やじり)などをつけ、によってとばすことにより貫通力を得、遠方の相手に対しての攻撃も可能となる。また、鏃に代えて発火物をつける場合もある。現代においては、スポーツ娯楽のほか、お守などとして残る。
  2. (語義1の攻撃は一斉に襲うことが多かったことから)次から次に連続するものの例え。
    催促矢面に立つ。

翻訳: 矢[編集]

名詞:八[編集]

  1. なな)」に一を加えたの和語。序数としては、「七」の次、「ここの)」の前の数。

名詞:輻[編集]

  1. 車輪車軸輪環部分をつなぐ骨組みスポーク

形容動詞[編集]

  1. いやが転じたもの。いや
    走るのはだ。
    な感じ。

助動詞[編集]

  1. 西日本、特に関西・北陸などでみられるじゃの変化。
    ほんなら、こんなもんでええやろか。
    昔ここは空き地やってな、みんなでよう遊んだもん
未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形 接続
やろ やっ
(な) (なら) 特殊型

助詞[編集]

  1. 同種のものごとを並べてあらわす。「」よりも限定が厳しくなく、挙げたものごと以外のことも暗に含む。
    お年寄り体の不自由な方に席を譲る。
    山羊などが放し飼いにされている。
  2. 俳句における切れ字詠嘆の対象であることを示す。

間投詞[編集]

  1. くだけた挨拶や呼びかけ。関連語 やあ
    や、元気だったか?
  2. 警戒や驚き。関連語:

接尾辞[編集]

  1. 親しい関係にある者や、目下の人につけて呼ぶ。
    坊や、婆や