わたし

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索

日本語[編集]

代名詞[編集]

わたし

  1. 自分自身のことを指す一人称われ

語源[編集]

  • わたくし」から、「く」が落ちたもの。近世の語でもとは女性語。

関連語[編集]

翻訳[編集]

名詞[編集]

わたし】(「わたす」の連用形名詞化)

  1. などを他人に渡すこと。
  2. や物をで対岸に運ぶこと。
  3. や物をで対岸に運ぶ所。川などの対岸を結ぶ航路

関連語[編集]


脚注[編集]

日本人の小学生(2008年)、大学生(2009年)の使う一人称は以下のとおり(三枝優子, 日本語母語話者の自称人称代名詞について, 2009)。

小学生の使う一人称
話者 場面 1位 2位 3位
女子 友だち うち 49% 名前 26% あたし 15%
家族 名前 33% あたし 29% うち 23%
授業 わたし 86% あたし 7% うち 6%
初対面の客 わたし 75% あたし・名前・うち 各 8%
担任の先生 わたし 66% 名前 13% あたし 9%
男子 友だち おれ 72% ぼく 19% 名前 4%
家族 おれ 62% ぼく 23% その他 (うち以外) 9%
授業 ぼく 85% おれ 13% 名前・ニックネーム 各 1%
初対面の客 ぼく 64% おれ 26% 名前 4%
担任の先生 ぼく 67% おれ 27% 名前 3%
大学生の使う一人称
話者 場面 1位 2位 3位
女子 友だち うち 39% あたし 30% わたし 22%
家族 あたし 28% 名前 27% うち 18%
授業 わたし 89% あたし 7% 自分 3%
初対面の客 わたし 81% あたし 10% 自分 6%
担任の先生 わたし 77% あたし 17% 自分 7%
男子 友だち おれ 87% うち 4% わたし自分 各 2%
家族 おれ 88% ぼく自分 各 5%
授業 わたし 48% 自分 28% ぼく 22%
初対面の客 ぼく 36% 自分 29% わたし 22%
担任の先生 自分 38% ぼく 29% わたし 22%