猿も木から落ちる

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

日本語[編集]

成句[編集]

さるからちる(表記のゆれ:猿も木から墜ちる

  1. 木登りが上手な猿でも、時には木から落ちることがある。どんな名人でも、失敗することがあることの例え。また、得意を鼻にかけ油断すると失敗するものであるとの戒め。
    おい、幸田君、猿も木から落ちるさ。芝居は大きかったが幕切れはまずかったな。君もまさか詐欺で喰い込もうとは思わなかったろう。今度は恐喝よりはちっとばかり手強いぜ。なア、幸田君。なぜわれわれが解散させずに見ていたか知ってるかね。要するに君のペテンに乗らないためサ。君の詐欺の実証を握るためサ。あの噴水を調べて見れァどんなカラクリを仕込んだかすぐ判る。今度こそ否応なしだ。(久生十蘭 『魔都』)

類義句[編集]

翻訳[編集]

参照[編集]

  • 江戸いろはがるた:三遍回つて煙草にしよ
  • 幸田露伴『東西伊呂波短歌評釈』
    • 能く勤めて而して後休む可しと云ふは東のなり。既に慣るゝも猶且つ過つ有らんと云ふは西のなり。共に嘉言にして佳趣あり。