出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
Jump to navigation Jump to search

漢字[編集]

字源[編集]

  • 」の略体。「纍」は「」+音符「」、「畾」はものが積みあがった様子を示す象形又は会意でつみあがったものを連ねるの意。

意義[編集]

(括弧内は『広韻』、外は『詩韻』に従う。一致する場合括弧は記さず。)

上声紙韻[編集]

動詞[編集]
  1. かさなるかさねる
副詞[編集]
  1. かさねて。繰り返して。

去声寘韻[編集]

動詞[編集]
  1. わずらわせる
    • 「願以境内矣!」(ねがはくは境内もっわづらはさむ!)
      王が)国内(の政治という面倒なこと)に(あなたを)関わらせたい!(『荘子』外篇「秋水第十七」
      テクストによっては「境」を「竟」につくるものもあり後者が日本で普及する。例文は中国語版wikisourceによる。
名詞[編集]
  1. 厄介
    • 「累を及ぼす」。

平声支(脂)韻[編集]

動詞[編集]
  1. しばる。つなぐ。

日本語[編集]

発音[編集]

名詞[編集]

  1. (るい)面倒厄介

熟語[編集]

中国語[編集]

*

発音[編集]

形容詞[編集]

  1. 疲れ、疲れている。

熟語: 中国語[編集]

朝鮮語[編集]

*

熟語: 朝鮮語[編集]

ベトナム語[編集]

*

コード等[編集]