出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

漢字[編集]

簡体字字体:

閲覧機器の環境により、正しく表示されない場合があるが、草冠の下は「又 + 土」ではなく「ス + エ」

字源[編集]

  • 」の略体。「莖」は「」+音符「」の会意形声文字。「巠」は台座を置いて上下に糸を伸ばす様を表す象形文字で「」の原字。草本で縦に伸びることを意味。

意義[編集]

  1. くき

日本語[編集]

発音[編集]

名詞[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。
  1. くき高等植物器官のひとつで、の間にあり、根から吸収した水分や栄養素を植物体の各所へ運び、葉で合成されたものを光合成できない部分へ運ぶ通路の役割を果たすもの。

熟語[編集]

中国語[編集]

*

名詞[編集]

  1. くき

量詞[編集]

  1. ほそながいものに用いる量詞。

熟語[編集]


コード等[編集]

点字[編集]