eglė

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Eglė 、 egle 、 eglē 、および eglę も参照。

サモギティア語[編集]

eglė

名詞[編集]

eglė 女性

  1. 植物(Picea abies) マツトウヒオウシュウトウヒ (wp)ドイツトウヒ

類義語[編集]

訳語[編集]

Picea abies



リトアニア語[編集]

語源[編集]

またãdata 〈針〉やadýti 〈繕う〉と関連づける説もあるが、疑わしい[1]

同系語[編集]

バルト語派:

非バルト語派:

発音[編集]

  • IPA: [ˈæ̌ːɡʲlʲeː] (慣用読み: 「アグレ」)

名詞[編集]

ẽglė 女性 アクセント・タイプ: 2 [3][4]

  1. 植物(Picea) マツトウヒの総称。トウヒ。蝦夷松
    • 注.: モミ」や"fir"ないしはそれに類する表現で訳される場合もあるが[4][5]、〈モミ〉を表す語はkėnisである。

格変化[編集]

[6]

使用例[編集]

単数・属格:

複合語[編集]

上位語[編集]

派生語[編集]

名詞:

人名:

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 1.7 Derksen, Rick (2008). Etymological dictionary of the Slavic inherited lexicon. Leiden Indo-European etymological dictionary series, v. 4. Leiden: Brill, p. 139. ISBN 978 90 04 15504 6
  2. 2.0 2.1 hasło jodła w: Brückner, Aleksander (1927). Słownik etymologiczny języka polskiego, s. 208. Kraków: Krakowska Spółka Wydawnicza.
  3. Dabartinės lietuvių kalbos žodynas.
  4. 4.0 4.1 村田郁夫 編『リトアニア語基礎一五〇〇語』大学書林、2003年、15頁。ISBN 4-475-01112-4
  5. Martsinkyavitshute, Victoria (1993). Hippocrene Concise Dictionary: Lithuanian-English/English-Lithuanian. New York: Hippocrene Books.  ISBN 978-0-7818-0151-5
  6. 村田、前掲書、114頁および115頁の記述内容を元に構成。