まつ

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

マツ も参照。

日本語[編集]

名詞[編集]

まつ

  1. 等級しめ間接的表現

動詞[編集]

まつつ、つ】

  1. 目的とする物事が始まることを望みながら時間費やす
    • 少々お待ちください。
  2. 期限を延ばす。
    • 宿題の提出には、あと1日待ってください。
  3. それまでしていた動作を、途中でやめる。また、命令形で、やめさせる。
    • 待て!ちゃんと人の話を聴け。
    • ちょっと待って。少し考えさせて。
  4. 相手の意向がわかるまで、その成り行きを見ている。
    • 相手側の出方を待って動くことにしよう。
  5. (「つ」が好まれる。「~に俟つ」の形で)~に期待する。望みをつなぐ
    • 将来の研究に俟つ
  6. (「論[言、言う]を待たない」などの形で)言うまでもない当然である。
  7. 待ち構える。待ち受ける。そのような事態になる。
    • あんまりさぼってばかりいると先生のお叱りが待ってるぞ。

活用[編集]

ま-つ 動詞活用表日本語の活用
タ行五段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形


各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 またない 未然形 + ない
意志・勧誘 まとう 未然形音便 +
丁寧 まちます 連用形 + ます
過去・完了・状態 まった 連用形音便 +
言い切り まつ 終止形のみ
名詞化 まつこと 連体形 + こと
仮定条件 まてば 仮定形 +
命令 まて 命令形のみ

翻訳[編集]