kĩondo

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

キクユ語[編集]

ciondo

語源[編集]

Hinde (1904) は英語 bag に対応するキクユ語「ジョゴウィニ方言」(Jogowini dialect)の訳語として moondo、kiondo を記録している[1]。なお、これらに対応するカンバ語「ンガニャワ方言」(Nganyawa dialect; キツイ地区の方言)は chōōndo とされている[1]

発音[編集]

  • IPA: /keɔ̀ⁿdɔ̀(ꜜ)/
Benson (1964) では声調クラスの分類は「クラス1」で、他に同クラスの2音節語幹語には gĩtekendakakĩama などがある[2]
  • 〔キアンブ方言〕

名詞[編集]

ondo クラス7(複数: ciondo

  1. キクユ人 (wp)カンバ人 (wp)の手により[4]編まれるかごの一種。もともとは低木から得られた繊維により作られていたが、近年は代わりにサイザルアサ (wp)の繊維や合成繊維を用いて製作される[5]。様々な目的に用いられるが、女性が人を訪ねる際に贈り物を入れて持って行き、持参者が帰る際にはしばしば接待する側によって代わりに別の小物を入れられて返される[6]婦人菜園でとれた作物運ぶ際に用いられたり、結婚式の日に花嫁母親の婦人たちから贈られたりもする[7]。キオンド。

参照[編集]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 Hinde, Hildegarde (1904). Vocabularies of the Kamba and Kikuyu languages of East Africa, pp. 4–5. Cambridge: Cambridge University Press.
  2. Benson, T.G. (1964). Kikuyu-English dictionary. Oxford: Clarendon Press.
  3. 湯川恭敏 (1981).「キクユ語名詞アクセント試論――リムル方言について――」 『アジア・アフリカ言語文化研究』22, 75-123.
  4. Sobania, Neal (2013). "Kenya," p. 401. In Jill Condra (ed.) Encyclopedia of National Dress: Traditional clothing around the World, volume 1, pp. 395–405. Santa Barbara, California: ABC-CLIO. ISBN 978-0-313-37638-2
  5. Amin, Mohamed and Peter Moll (1983). Portraits of Africa, p. 68. Harvill Press.
  6. Maathai, Wangari (2010). Replenishing the Earth: Spiritual Values for Healing Ourselves and the World, p. 128. New York: Crown Publishing Group. ISBN 978-0-307-59114-2
  7. Thuku, Kariuki (2007). "The Silent Relevance of African Trans-Family Ethnographies," p. 98. In A. Scott Loveless and Thomas B. Holman (eds.) The Family in the New Millenium: World voices supporting the “natural ” clan, Volume 1: The place of family in human society. Westport, Connecticut: Praeger.