かわ

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索

日本語[編集]

名詞・河川[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。
Wikiquote
フリー引用句集ウィキクオートに関連のあるページがあります。

かわ, 】(歴史的仮名遣い:かは

  1. 降水湧水が、地表窪みに従って高所から低所に向かって流れに流れ込む地形河川
    用字として「河」は規模が大きな河川(特に大陸の大河に使う傾向がかつてあった。「アマゾン河」など。現在では「川」に統一されている。)

翻訳: 河川[編集]


名詞・おおうもの[編集]

かわ】、【】(歴史的仮名遣い:かは

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア皮革 の記事があります。
  1. (用字:皮)
    1. 動植物の表面をおおい、内部を保護するもの。表皮皮膚(動物の場合)。
    2. 中身をおおい、包みとしてはたらく構造。またそのもの。「ギョーザの皮」。
    3. 人物や物事の性質のうち、包み隠された本性。「化けの皮」。
  2. (用字:革)
    1. 動物の強靱な皮膚組織をはがし、なめし衣類などの素材としたもの。皮革

翻訳: 皮[編集]

翻訳: 革[編集]


名詞・側[編集]

かわ】(歴史的仮名遣い:「かは」)

  1. 相対するものの一方の的広がりを持つ位置。
  2. 相対するものの一方の立場

翻訳[編集]