あまずっぱい

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

形容詞[編集]

あまずっぱいっぱい】

  1. さと酸っぱさが混じっ香りである。
  2. さの感傷入り混じった、やるせない気持ちである。