なか

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞1[編集]

なか

  1. なにかによって形成された空間、または仮想的に空間とみなされるものの内側内部
    1. 部屋の内部。建物の内部。
      • にお入り下さい。
    2. 組織、団体などの内部。
      • の人(=内部関係者)
    3. 膣内。 
  2. 内部にあるもの。内容物中身
  3. 事物ついて限定された範囲
    • このでは一番背が高い。
  4. ある空間内の中央部中央付近
  5. 二つ出来事、事物の
  6. 三つあるものの内の二番目
  7. 中程度中流レベル
  8. 最中ただなか状況
    • 砲弾炸裂するで空の美しさにうつとりとしたり、こおろぎの声に耳を澄ましたりする余裕のある人は必ず強い人に違いないと思う。(伊丹万作 『余裕のことなど』)
  9. 符丁江戸期から昭和終戦直後頃までの遊郭街、特に吉原大坂の新町の異称。

発音[編集]

東京アクセント[編集]

ナ↘カ

京阪アクセント[編集]

ナ↗カ

語源[編集]

語義9
女郎などが逃げられないよう堀などに囲まれた「なか」にあることから。同義語:くるわ

名詞2[編集]

なか

  1. 人間同士、または生物同士関係間柄
    • 仲がいい。仲が悪い。仲違い。仲直り。
    • 小学校も一しょ、商業学校も一しょ、竹馬の友、助け助けられ、女房にはナイショのことも六人だけは打ちあけて、持ちつ持たれつの仲じゃないか。それだけの仲なればこそ、ずいぶんイタズラもやってきましたよ。(坂口安吾『ニューフェイス』)

発音[編集]

東京アクセント[編集]

ナ↘カ

京阪アクセント[編集]

ナ↗カ