いらっしゃる

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

動詞[編集]

いらっしゃる

  1. 居る」の尊敬語
    • だって一心に練習なさっているとき、舞台にいらっしゃるとき、云ってみれば寒さ知らずでいらっしゃるでしょう。(宮本百合子 『裏毛皮は無し ――瀧田菊江さんへの返事――』)
  2. 来る」「行く」の尊敬語
    • そうすりゃ素人目にも快くおなんなすった解りが早くッて、結句張合があると思ったんですが、もうお医者様へいらっしゃることが出来たのはその日ッきり。(泉鏡花 『誓之巻』)
  3. 補助動詞)「(~して)いる」の尊敬語
    • ほら、Cさんのお母様は御病気でいつも床に就いていらっしゃるのでしょう。(竹久夢二 『大きな手』)
  4. 補助動詞)「(~で)ある」「」の尊敬語
    • 中村様でいらっしゃいますか。

活用[編集]

いらっしゃ-る 動詞活用表日本語の活用
ラ行五段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
いらっしゃ



各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 いらっしゃらない 未然形 + ない
意志・勧誘 いらっしゃろう 未然形音便 +
丁寧 いらっしゃります
いらっしゃいます
連用形 + ます
過去・完了・状態 いらっしゃった 連用形音便 +
言い切り いらっしゃる 終止形のみ
名詞化 いらっしゃること 連体形 + こと
仮定条件 いらっしゃれば 仮定形 +
命令 いらっしゃれ
いらっしゃい
命令形のみ
  • 連用形で助動詞ますが後続する場合、イ音便化して「いらっしゃい」となることが多い。
  • 命令形も、イ音便化して「いらっしゃい」となることが多い。

派生語[編集]