かざる

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

動詞[編集]

かざるる】

  1. 美しく見えるように物を添えるなどして、その場に手を加える。
  2. 表面を良く見せる。
    • 飾らない性格。
  3. 見せるために美しい物を置く。物を美しく置く。
    • 写真を飾る
  4. 華やかさを添える。華々しく登場する。
    • 有終の美を飾る
    • 紙面を飾る

活用[編集]

かざ-る 動詞活用表日本語の活用
ラ行五段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
かざ

各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 かざらない 未然形 + ない
意志・勧誘 かざろう 未然形音便 +
丁寧 かざります 連用形 + ます
過去・完了・状態 かざった 連用形音便 +
言い切り かざる 終止形のみ
名詞化 かざること 連体形 + こと
仮定条件 かざれば 仮定形 +
命令 かざれ 命令形のみ

発音[編集]

東京アクセント[編集]
か↗ざる
京阪アクセント[編集]
↗かざる
語法[編集]
「○○かざる」と言うとき、○○には「かざりに用いる物品」あるいは「かざられる場所」の両方が可能である。よって「部屋に花をかざる」「花で部屋をかざる」と言いうる。

関連語[編集]