かねる

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

語源[編集]

古典日本語「かぬ」(ナ行下二段活用)から。

動詞[編集]

かねるねる】

  1. (他動詞) 一つの物事のみでなく他の物事も含める
    1. 一つの事物が二つ以上の用をなす。
    2. 一人が二つ以上の職務を持つ。兼任する。
    3. かねての形で用いる)以前から。
    4. (古風)一方のみでなく他方のことも考える。気兼ねする。遠慮する。
  2. (他の動詞の連用形に接続し複合動詞として用いる造語成分。助動詞とも見られる。)
    1. ・・・たくない。動作をすることを躊躇する気持を表現する。
    2. できない。動作が不可能なことを表現する。
    3. 否定形「かねない」の形で、(非意志的な)作用が起こり得ることを表現し、特にそれを恐れる気持を表現する。

活用[編集]

か-ねる 動詞活用表日本語の活用
ナ行下一段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
ねる ねる ねれ ねよ
ねろ
各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 かねない 未然形 + ない
意志・勧誘 かねよう 未然形 + よう
丁寧 かねます 連用形 + ます
過去・完了・状態 かねた 連用形 +
言い切り かねる 終止形のみ
名詞化 かねること 連体形 + こと
仮定条件 かねれば 仮定形 +
命令 かねよ
かねろ
命令形のみ

発音[編集]

東京アクセント[編集]
か↗ね↘る
京阪アクセント[編集]
かね↗る