出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

漢字[編集]

字源[編集]

  • 会意。「」を二つ並べて、「(手)」で持つ様で、あることが続くの意。
兼-bronze-spring.svg

兼-seal.svg

兼-bigseal.svg
金文

小篆

流伝の古文字
春秋時代

説文
(漢)
《六書通》
(明)

派生字[編集]

  • :いろいろな思いが続き、実行を渋ること。
  • :家の中で、いろいろまとめて持ち、区別する。
  • :藁などを手でまとめ刈り取る刃物。
」は、音を借りた形声文字

意義[編集]

  1. かねる

日本語[編集]

発音[編集]

助詞[編集]

  1. 二語以上のものの役割を兼ね備えることを表わす。

翻訳[編集]

熟語[編集]

中国語[編集]

*

動詞[編集]

  1. かねる
  2. 2つのことを同時に行う。
  3. 倍の勢いで~する。
    • 兼葭蒼蒼-葦が二倍の速さで伸びる

形容詞[編集]

  1. の。

熟語[編集]

朝鮮語[編集]

*

依存名詞[編集]

  1. ~兼。
  2. ~をねて。~がてら

熟語[編集]

ベトナム語[編集]

*

動詞[編集]

  1. ねる、兼任する。

コード等[編集]

点字[編集]