くさむしり

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞[編集]

くさむしりり】

  1. を、特に雑草むしって取り除くこと。
    • 兄は、けさは早く起きて、庭の草むしりをはじめているようだ。(太宰治『庭』)〔1946年〕

類義語[編集]

翻訳[編集]

動詞[編集]

(サ変複合動詞)くさむしり するり する】

  1. を、特に雑草むしって取り除く。
    • 足の裏の気持がわるいと云って、夏でも足袋はいて、草むしりしたりしていた。(宮本百合子『この初冬』)〔1939年〕

活用[編集]

くさむしり-する 動詞活用表日本語の活用
サ行変格活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
くさむしり

する する すれ せよ
しろ
各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 くさむしりしない 未然形 + ない
否定 くさむしりせず 未然形 +
自発・受身
可能・尊敬
くさむしりされる 未然形 + れる
丁寧 くさむしりします 連用形 + ます
過去・完了・状態 くさむしりした 連用形 +
言い切り くさむしりする 終止形のみ
名詞化 くさむしりすること 連体形 + こと
仮定条件 くさむしりすれば 仮定形 +
命令 くさむしりせよ
くさむしりしろ
命令形のみ