ちなむ

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

発音[編集]

東京式アクセント
ち↗な↘む
京阪式アクセント
ちな↗む

動詞[編集]

ちなむむ】

  1. (自動詞)ついでのこととして)関連する。
    • なるほど来年は寅(とら)年というわけで、相変らず干支(えと)にちなんだ話を聴かせろというのか。いつも言うようだが、若い人は案外に古いね。(1937 岡本綺堂』)
  2. (自動詞)(名前や記念物などの)由来とする。
    • 記念硬貨のデザインは、桃太郎伝説にちなんで犬、雉、猿の図柄となっている。

活用[編集]

ちな-む 動詞活用表日本語の活用
マ行五段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
ちな

各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 ちなまない 未然形 + ない
意志・勧誘 ちなもう 未然形音便 +
丁寧 ちなみます 連用形 + ます
過去・完了・状態 ちなんだ 連用形音便 +
言い切り ちなむ 終止形のみ
名詞化 ちなむこと 連体形 + こと
仮定条件 ちなめば 仮定形 +
命令 ちなめ 命令形のみ

派生語[編集]

翻訳[編集]


古典日本語[編集]

発音[編集]

三拍動詞一類

平安時代[編集]

↗てぃなむ

室町時代以降[編集]

↗ちなむ

動詞[編集]

ちなむむ】

  1. ある関係もとづき物事を行う。
  2. むすぶ。

活用

マ行四段活用
ちな-む

派生語[編集]