です

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
[半保護]  このページは半保護の方針に基づき、非ログインユーザー・新規利用者の編集が制限されています。(解除依頼:ノートで合意形成後、保護解除依頼へ)

デス も参照。

日本語

発音

例外的に文末においても母音無声化が生じる。文末以外では基本的な規則に準じる。この語で言い切るもので、疑問文や方言で語尾を上げて発音する場合は母音もはっきりと発音される。

助動詞

です

  1. 」の丁寧語名詞用言および用言に準ずるもの、一部の助詞接続する。「だ」と同様に用言の連体形に「」または「」を伴う形で接続することができるが、形容詞や形容詞的助動詞の連体形形容動詞や形容動詞的助動詞の語幹には「の」「ん」を伴わずにもつく。
    1. 断定の意を表す。
      • 私は日本人です
      • 主宰者はたぶん彼でしょ
      • 去年までは学生でし
      • 悔しいです
      • 静かです
      • うれしかったです
      • もう帰りたいです
    2. 述部動詞形容詞または動詞接尾辞するを省略した文において、代わりに名詞述語文を成立させるために用いる丁寧な助動詞。この構造はうなぎ文と呼ばれる。
      • 「私はエスプレッソにする。」「私はアメリカンです。」
      • 明日から大阪へ出張です
    3. 会話などにおける疑問文の文末について、疑問の語気を表す丁寧語。
      • なんで出かけるんです。何があるんです。八時に電話すればいいんです? それでいいです

活用

未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形 活用型
でしょ でし です (です) 特殊型

派生語

参照