なく

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索

ナク および なぐ も参照。

日本語[編集]

動詞:鳴く[編集]

なくく、く】

  1. 呼吸器官や発声器官を使って調音する。
  2. 麻雀)ポン・チー・カンをする。

活用

カ行五段活用
な-く

発音[編集]

東京アクセント[編集]
な↗く
京阪アクセント[編集]
↗なく

類義語[編集]

下位語[編集]

派生語[編集]

成句[編集]

関連語[編集]

翻訳[編集]

  • 英語:(一般的表現)cry, call
    (鳥がさえずる)singtwitter、(猫が鳴く)mew、(犬がほえる)barkhowl、(犬がキャンキャンと鳴く)yelp、(牛が鳴く)moo、(馬がいななく)neigh、(蛙が鳴く)croak、(虫が鳴く)chirp

動詞:泣く[編集]

泣く

なくく、く】

  1. 感情を制御できなくなり、をあふれさせたりを上げたりする。
    彼のうち門口かどぐち駈けこんだ時、良平はとうとう大声に、わっ泣き出さずにはいられなかった。その泣き声は彼の周囲まわりへ、一時に父や母を集まらせた。(芥川龍之介『トロッコ』)〔1922年〕
    わあ、生きてゐたの、生きてゐたの」と嫂は廿日市から自転車でその甥の無事だつたことを報らせに来てくれた長兄とり縋るやうにして泣き狂つた。 (原民喜『星のわななき』)〔1948年〕
  2. つらい境遇にあって苦しむ。そうした境遇について嘆く
    この業種には中小企業が非常に多いのでありますが、倒産するもの、事業の不振泣くもの、あるいはまたその業界に働いている勤労者諸君にも深刻影響及びつつある次第でございます。(石田博英、衆議院会議録情報 第078回国会 運輸委員会 第1号)〔1976年〕
    もっと外務省どういうことをやっておるかということを調査をして、そうして外務省に対して厳重申し入れをする必要があるときはやる、こういうことによって貿易振興をはかっていかなければ、三木通産大臣だって泣くでしょう。 (中村重光、衆議院会議録情報 第051回国会 商工委員会 第16号)〔1966年〕
    (...)之れかため老親孤兒寡婦相擁して飢寒泣き苦境慘状轉た斷膓に堪へさる者ありとて(...)(的野半介、衆議院第25回戦闘員以外の殉難者遺族及廃疾者救済に関する建議案委員会第2号)〔1909年〕
    坂田名文句として伝わる言葉に「泣いている」というのがある。悪手としてな所へ打たれた銀という駒銀が、進むに進めず、引くに引かれず、ああ悪い所へ打たれたと泣いている。銀が坂田の心になって泣いている。阿呆な手をさしたという心になって泣いている――というのである。(織田作之助『可能性の文学』)〔1946年〕
  3. 不都合損害を受け入れる。
    それから、われわれは一千億円を除く借り入れ残金につきましては、二十年の年賦で返したいと考えております。これは金融機関に泣いてもらわなければならぬ、かように思っておるわけです。(多賀谷真稔、衆議院会議録情報 第058回国会 石炭対策特別委員会 第8号)〔1968年〕
  4. (名声や建前が)すたる。〜に値しない。
    これだけ教育問題視され、教育改革を標榜していながら、従来の予算配分踏襲するだけでは、文教族を自認する森総理の名が泣くのではないでしょうか。 (牧義夫、衆議院会議録情報 第151回国会 本会議 第11号)〔2001年〕
    承認国はいいんだ、不承認国は許さぬのだ、単なる民間団体は許さぬのだという考え方に立ったのでは、道義国家日本看板泣くじゃないか、(...)(田中伊三次、参議院会議録情報 第071回国会 法務委員会 第13号)〔1973年〕
    とめてくれるな/おっかさん/背中のいちょうが/泣いている/男東大どこへ行く(橋本治、東京大学駒場祭ポスター)〔1968年〕

活用

カ行五段活用
な-く

発音[編集]

東京アクセント[編集]
な↗く
京阪アクセント[編集]
↗なく

類義語[編集]

下位語[編集]

派生語[編集]

成句[編集]

関連語[編集]

翻訳[編集]

形容詞[編集]

なくく】

  1. ない(形容詞)の連用形。

関連語[編集]

助動詞[編集]

  1. ない(助動詞)の連用形。

古典日本語[編集]

動詞[編集]

なく:自動詞く、く】

  1. (人が)泣く。
  2. (鳥・虫などが)鳴く。

活用

カ行四段活用
な-く


なく:他動詞く、く】

  1. (上代東国方言)泣かせる。

活用

カ行下二段活用
な-く

発音(四段活用)[編集]

二拍動詞一類

↗なく

連語[編集]

なく

  1. (上代語、文中に用いられ)~ないこと。
  2. (上代語、文末に用いられ)~ないことだなあ。

語源[編集]

打消の助動詞「」の未然形 + 接尾辞「