ぬくめる

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

語源[編集]

形容詞「ぬくい(古典日本語:ぬくし)」の他動詞化

動詞[編集]

ぬくめるめる cf.温める

  1. あたためる。現在は、どちらかと言えば文章語となり、口語として西日本で頻繁に用いられるが方言ではない。
    • ぬくめられた空氣が際限もない空から太陽の周りからどんどん湯のやうに微妙に注いで來る自分は抵抗する事が出來ない力を身の内に感じる頭がボンヤリして心が切れ切れにいろいろの事を思ひ出す永くはつゞかない。(千家元麿 『自分は見た』)
    • 日光はあたたかく真上から市街を照らし、建物の錆びた赤や黄色の外壁ぬくめているが、ふと行きずりの通行人の外套からは、もう何処かに消えない霜があることを知らせる匂い、懐しい毛皮の匂いなどが軽く空気の中に漂っている。(宮本百合子 『広場』)

活用[編集]

ぬく-める 動詞活用表日本語の活用
マ行下一段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
ぬく める める めれ めろ
めよ
各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 ぬくめない 未然形 + ない
意志・勧誘 ぬくめよう 未然形 + よう
丁寧 ぬくめます 連用形 + ます
過去・完了・状態 ぬくめた 連用形 +
言い切り ぬくめる 終止形のみ
名詞化 ぬくめること 連体形 + こと
仮定条件 ぬくめれば 仮定形 +
命令 ぬくめろ
ぬくめよ
命令形のみ

関連語[編集]