ひえる

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

動詞[編集]

ひえるえる】

  1. 温度が下がる。
  2. (気温に用いて)温度が下がった状態である。寒く感じる。
    • 相当冷えるのう、きょうは。」 「は。何といっても、師走ですからな、もう。」 (林不忘 『口笛を吹く武士』)
  3. 熱意などがなくなる。愛情がなくなる。
  4. 関係がわるくなる。
  5. 消費動向などが低迷する。
  6. 場の空気しらける

活用[編集]

ひ-える 動詞活用表日本語の活用
ア行下一段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
える える えれ えよ
えろ
各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 ひえない 未然形 + ない
意志・勧誘 ひえよう 未然形 + よう
丁寧 ひえます 連用形 + ます
過去・完了・状態 ひえた 連用形 +
言い切り ひえる 終止形のみ
名詞化 ひえること 連体形 + こと
仮定条件 ひえれば 仮定形 +
命令 ひえよ
ひえろ
命令形のみ

類義語[編集]

関連語[編集]

翻訳[編集]