出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

漢字[編集]

字源[編集]

  • 象形。杙(「」)を手(「」)に持って土を掘る様子[字源 1]。「地面を掘る」を意味する漢語 /*thuk/}を表す字[字源 2]。のち仮借して親族関係を意味する漢語{叔 /*st(i)uk/}に用いる。
    • なお、「」や「」に含まれる「叔」は本項の字とは異なる。
  1. 郭沫若 『両周金文辞大系図録考釈』 科学出版社、1957年、巻三75頁。
    裘錫圭 「釈“弋”」 『古文字研究』第三輯 中華書局、1980年、23-27頁。
    張世超、孫凌安、金国泰、馬如森 『金文形義通解』 中文出版社、1996年、642-644頁。
  2. 劉楽賢 「釈《赤鵠之集湯之屋》的“埱”字」 清華大学出土文献研究与保護中心網、2013年1月5日。
    謝明文 「釈甲骨文中的“叔”字」 『出土文献研究』第十二輯 中国文化遺産研究院編、中西書局、2013年、1-9頁。
    郭永秉 「談談戦国楚地簡冊文字与秦文字値得注意的相合相応現象」 “戦国文字研究的回顧与展望”国際学術研討会、2015年12月12日。

関連字[編集]

」を音符とする形声文字 (諧声域=*TUK~*TIUK)
端母 透母 定母
一等 平声 豪韻
上声 晧韻 (泥母四等篠韻:𨲂
去声 號韻 -
入声 沃韻 𧝴𤬂𥓍
(心母:
- (四等錫韻:
(泥母四等錫韻:
知母 徹母 澄母
二等 平声 肴韻
上声 巧韻 - -
去声 效韻
入声 覺韻
章母 昌母 常母
三等A 平声 尤韻
上声 有韻
去声 宥韻
入声 屋韻
(書母:
𣥹
知母 徹母 澄母
三等B 平声 尤韻
上声 有韻
去声 宥韻
入声 屋韻

意義[編集]

  1. 三男。上からとなる。
  2. 妻から見て夫の弟。
  3. 親の弟又は妹、おじおば

日本語[編集]

発音(?)[編集]

熟語[編集]



中国語[編集]

*

熟語[編集]



朝鮮語[編集]

*


ベトナム語[編集]

*


コード等[編集]

点字[編集]